ぽんぽん

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

\ どうだ! /


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
24時間限定リアルタイム



フットサル後に
自分の家の風呂入りたくて
うちに入れてあげたら
貧富の差がやばい
いつもごめんとか言われたww
やっぱり感じさせてしまった貧富の差。
難しいなぁ。
それでも奢ろうとしてくれたり
飲み物とか買ってくれたりするからな。
疲れたでしょって
肩揉んでくれたり
ドリンクバーの飲み物を
持ってきてくれたり
食べてる姿を微笑んで見てたり
フットサルの時に
保護者代わりしてくれたり
本当いいやつなんだけどな(;_;)
まぁ今一緒にいて
楽しいからいいか。
深く考えないようにしよう。
神経質になりすぎると
また体調に影響するしな!
楽しく生きよう…笑
コメント(2)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


年下イケメンは
危険を察知して会うのやめた!
もう会わないって
宣言してから
LINEとか電話くるけど
電話は無視、
LINEには遊ぶ人たくさんいるだろうから
私とは縁切ってくれ的なの
何回も送った。
これで諦めてもらえるでしょう!←

地元が一緒の2個下の子が
とても平和なので
その子と遊ぶようになりました。
初回に自分はずぶ濡れになってまで
家に傘を取りに帰ってくれて
私に貸してくれる紳士さを
見せてくれて
普通にご飯食べたり
買い物したり
一緒にサッカー観たり
ゲームしたりして落ち着く。
まだ会ったの4回だけど
鍵まで渡されてて
いないときでも
泊まってていいって
言うんだよね(´・ω・`)
信用しすぎな(^^;
私の職場徒歩圏内だから
言ってくれてるんだろうけどね。
向こうは月〜木が出張で
家にいないんだよね。
状況特殊すぎてなー。
取り敢えず一緒にいて
気楽だから
疲れてきた今はこの子に
癒してもらおうと思う。
付き合ってないと思うけど
付き合ってるのと変わらん状況のパターン。
これ楽なんだよな…
好きとかそういうのわかんない私には
これくらいがちょうどいい。
家が複雑で
両親が離婚してて
お父さんには
新しい家族がいるらしい。
お母さんとは小学生から
別の家になっちゃったらしく
親には頼れない生活してるっぽい。
5人兄弟の末っ子。
家族構成は似てるけど
私と真逆の人生。
めっちゃ節約してて
自分で何でもやるっていう。
大変そうだから
ご飯ご馳走しようとすると
怒られる。
そんなんだとダメな男に
引っ掛かるよ!
貢いじゃダメだよ!
って。笑
貢いでるつもりはない。笑
でも真面目な子だなーって
思った。
顔は全然タイプじゃないけど
爽やかな感じの好青年。
感情の起伏なさげで
テンション低い人だけど
突然モノマネしたり
ちょっと変わってる人。笑
しばらく一緒にいてみて
どんな感じか観察する←
コメント(2)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


女心以上に男心がわからぬ…
イケメン年下が
会いたがってくるー!
押しに弱くて
会う約束をしてしまうー
だって顔が好きなんだもの。
取り敢えず今、芸能人にしか
トキメキがないから
現実でドキドキできるの
年下イケメンくらいなんだよなー
遊び人とわかっているのに
可愛いって言って
遊んでくれるからなヽ(´ー`)ノ
人肌恋しいだけか、私は。
たまには何も考えずに
気ままに過ごしたいから
神様許しておくれ。
イケメン、電話しながら
話聞いてくれるから
友達には最高だ。
ライバルが多そうで
おばちゃんは敵いそうにないと
思っちゃってるけど。
遊び人が本気になる瞬間って
あるんだろうか( ̄O ̄)
興味全くなければ
何回も会わないだろうから
まぁいいか。
チャラいやつと遊ばない方がいい
ってこーたろに怒られたけど
あの子も考えてること
わかんないからな。
そもそも振られたから
こうなってるんだけども…笑
笑うしかない!!
こんな人生もあるでしょう。
コメント(2)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


こーたろーと電話してから
年下イケメンに
連絡するのやめてたら
さすがに連絡きた(*_*)
気持ちが読めぬ…
チャラい宣言を
最初にされて
私はこの人にとって
遊ぶうちの1人なんだと
認識してしまった。
自分からは行かないって
言ってたのに
連絡ないけど大丈夫?
ってきた(*_*)
まじなのか?
私は全く無知だから
わからないんだぜ。
んーイケメン読めないww
どいつもこいつも
本心がわからない人多過ぎてww
私エスパーじゃないからさww
現実逃避したくなっちゃう。
コメント(0)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


急に夜中に電話かかってきて
こーたろーと
2時間以上普通に電話してた(笑)
世間話と最近遊びまくってる現状を相談。笑
取り敢えず会ったその日に
手を出してくるような男は
ダメって言われた(笑)
体調を終始心配されたww
そして謝りながら笑い泣いてくるこーちゃん(笑)
長く一緒にいすぎて
何されても別に怒る気にならない←
ずっとヘラヘラ笑いながら
話聞いてたww
もし会ったとしても
普通に話してくれる?って
言ってきたし(笑)
拒否されるのは悲しいらしい(笑)
まぁ普通に友達として
一緒にいて楽しかったから
全然普通に喋るよ。
相変わらず友達いなさそうで
心配になるけど(笑)
向こうも会社辞めるってさー。
きっと気持ちに余裕ができて
私がどうしてるのか
気になったんだろう。
まさか私がアプリで会った人と
やってしまった話を
聞かされると思わないよな。
顔がわりとタイプで
2回も会ってしまったのだよ…
しかもド変態だったから
結構やばいよ…
そんな話を元彼にする私の
神経がわからないヽ(´ー`)ノ
夜中3時とかでゾルピ飲んでて
朦朧としながら
適当に喋った結果です…
愚かな私(*_*)
こーたろーもInstagramで
キャバ嬢にいいねしてるの
出てきたからやばいと思うって言ったら
あれ、小学校の友達なんだけど
みんながいいねしてたから
しただけで何とも思ってないって言われたww
それで私フォロー外しちゃったよww
本当どこまでも考えてることわかんない子です。笑
まぁ泥沼化せずに
友達に戻るっていう
平和な別れ方ができた
不思議な私たちでした(笑)
コメント(4)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


やばい…
久々にドキドキした(゚_゚)
顔だけしかわからんアプリで
カッコいいかもーって
思ってlikeボタン押して
マッチングして
マッチングしたその日に
空いてたら会わない?
って言われて
意外と近かったから会って
お互いにタイプで
それを言える感じの人で
しかも紳士でやばかった。
京都大学で185でイケメンだから
チャラいって本人が言ってたけど
今までのこととか
自分の性格とか言ったのに
全く退かずに聞いてくれて
チャラくても一緒にいて
楽しいからいいやってなった←
世界中旅したり働いたりしてたから英語も普通に話せて神かと。
私がどんなにバクバク食べても
どんな動作をしてても
ずっと可愛いなぁって
言ってくるから変わり者だと思ったけど
女子扱いしてくれて
とても嬉しかった←
24歳なのに中身が大人すぎて
ずっと年齢逆転してるねってww
本当に27歳なの!?って
聞かれたしな(笑)
私の精神年齢の低さww
何より好き嫌い多くて
ビビらせたww
なのに私が食べたいものだけ
頼んでくれて
嫌いなもの乗ってたら
全部食べてくれて
トイレ行ってる間に
お会計済ませててくれてて
そりゃモテるわ。笑
イケメンでそんな全部やってくれたら。
初めて一目惚れをしたかもしれない。
チャラいとわかっていても
遊びたい、そんな現状。
旅行しようって言うし
どこまでが本気なのか。
とにかくスペックも外見も
良くて会えるだけで死にそう。。。
コメント(0)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


考えすぎなんだろうけど
かっきーがぞーさんとか
と一緒にいるときに
Instagramの友達申請してきたの怖すぎる
承認したときは始めたてっぽくて何も投稿なかったから
何も考えずに承認押したけど
そのあとにめっちゃ投稿されて
今その場にぞーさんがいる画像とか載ってて
鳥肌立った…顔見るだけで
怖いんだけど(T-T)
ネタにはしてるけど
結構トラウマなんだけど(T-T)
自分のInstagramが
あいつにも晒されてると思うと
気持ち悪くなる。
コメント(2)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


やばい…
人生で唯一アドレス聞いた
中高の先輩とメッセして
ご飯行く流れになったww
中学の時にちょっとだけ
メールのやり取りしたこと
あるけど
接点ないから
覚えてないと思ったら
覚えてるよ、ご飯でも行こうとww
震えるやつww
最近詐欺師が多くて
ツラかったから
知ってる人の安心感。笑
でも一番の緊張感ww
背低いけど、モテる先輩だから
まじでご飯行けることが奇跡!
というか覚えてくれてるのが奇跡!
職場も家も近くて泣きそう。
同級生にアイドルいなくて
私の現実の唯一のアイドルだった人ww
体育祭の走ってる姿見て、
あの人やばい可愛い!
ってなってアドレス聞いて
次の年か何かの体育祭で
2ショ撮ってもらって
死にそうになったやつww
昔から私の方が背が高くて
申し訳なかった思い出ww

中学の友達も24歳の
AAA好きな男の子紹介してくれるし
急に現実的な流れww
知らない人より安心感やばい。
私を金の目で見ない人がいい。笑

どっちも大手企業勤めてるから
普通にモテそうなやつww
会うのが申し訳ない(*_*)
コメント(2)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
t0
y6
Total4929

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐